累計:  本日:  昨日:    アクセスアップ

2010年06月24日

袁先生と宝塚にて変身写真

袁先生の祝賀会の記事のおかげで、
月曜日はかつて無いにわか特需に湧いた当ブログ。
次の投稿はどうしようかと、ちょっとビビッてしまいました。
で、せっかくなので袁先生がらみの投稿をば。

あれは、3月の頭のこと。
突然、袁先生から連絡が入りました。
「皆さんが行きたいと言っていた
宝塚の変身写真のスタジオを予約しました。
誰か来ますか?」
先生が予約をした日付はなんとあさって。
金曜日の平日でした。
しかも、東京有楽町の宝塚劇場ではありません。
兵庫県宝塚市の宝塚大劇場のスタジオです。
袁先生は3月〜5月に公演されていた
宝塚歌劇 花組公演『虞美人』に於いて、
http://kageki.hankyu.co.jp/gubijin/
舞台スタッフとして所作指導を担当されており、
宝塚にいらっしゃっていたのです。

ことの顛末は、年のはじめの新年会で色々と盛り上がった話題の一つに、
「いつか宝塚のメイクと衣装で写真を撮ってみたい!」
という、夢を語っていたのですが、
私達の「いつか」という名目の半ばいいかげんな夢物語を
まじめに受け止め、覚えていて下さった先生が
予約をして下さったのでした。

先生が宝塚にていざ予約をとろうとした所、
宝塚のステージスタジオの舞台メイクは大人気で、
http://kageki.hankyu.co.jp/salon/make.html
一ヶ月先まで予約がいっぱい。
あさってだけは空いていたので予約を入れたそうです。

もちろん「あさって」なので、
会社勤めの人達は全滅です。
しかしながら、誰も行かなかったら、
先生の心遣いを無駄にしてしまいます。
幸いなことに(?)不本意ながらプーな私。
その日の晩のうちに夫を説得し、
翌日には新幹線に飛び乗っていました。
他に、執筆業の青霞さんが〆切をおして、
日帰りで宝塚に向かうことになりました。

ということで、去る3月4日(木)。
袁先生を訪ねて、一路、兵庫県宝塚の大劇場へ。
撮ってきましたよ。
宝塚メイクと舞台衣装。

さぁ、覚悟して下さい。私の化け物写真。
心臓の悪い人は見てはイケマセン…。

100305_15180711.jpg
「兵庫県まで何しにきてるんだろう…」
あまりの化け物っぷりに
鏡を見ながら、マジ、ヘコみました…。
人間、やっていいことと、悪いことがあるよね…(悟)

衣装はアントワネットを2着。
ドレスを着て、かなりひいて、
その子ばりに顔にライトを当てていただくと、
まだ見れるようになりました。

100305_23514311.jpg
ベルサイユ宮殿バッグでアントワネット

100305_23510211.jpg
宝塚の大階段前でシャンシャンを持って

つけまつげが重すぎて、
目を開けているのも一苦労。
あと、ドレスが広がりすぎていて足元が見えません。
そして、ドレスが超重すぎて、
なんとか横には動けますが、
こんなので、階段は絶対無理です。
宝塚の女優さんは本当に凄いな!と
体感しました。

所詮化け物ですが、子供の頃の夢の
縦ロールとドレスが着れて、
ちょっこしちょっこし満足でした。
と、自嘲気味に小さくつぶやいておきます…。

ちなみに、青霞さんはエリザベートのトート。
袁先生もノリノリで三着も変身されました。
エリザベートと、オスカル様と、アントワネットです。
オスカルは半ば無理矢理、私達がお願いしました。
先生はオスカルが何者か知りません。
残念ながら、写真はここでは公開できませんが、
すっごいすっごいカッコ良かったです!!!
先生と親しい方は、是非秘蔵の写真を見せていただいて下さい。

20100305_zuka.jpg
撮影が終わって、宝塚大劇場の前にて3人で記念のショット

ちなみに、帰宅してから夫に旅の報告で写真を見せようとすると、
「コメントに困るから見ない!」の一点張り。
無理矢理見せたところ、ガン無視でした…。
いっそ、笑ってくれればいいのに…。
その後、同級生に見せたところ、
呼吸困難になりながら笑ってくれたので、
なんだか救われました。
そんなオチで恐縮ですが、
宝塚への過去旅でした。

たぶん、ちょっこし続きます。
posted by 水歌ななこ at 10:43| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/154313560
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。