累計:  本日:  昨日:    アクセスアップ

2010年08月23日

日比谷松本楼の宋慶齢のピアノ

100815_1931401.jpg

過日、NHK-hiで「孫文を支えた日本人〜辛亥革命と梅屋庄吉〜」という特集をやっていました。その番組を通じて、梅屋庄吉は日比谷松本楼の常務取締役・小坂文乃の曾祖父にあたり、日比谷松本楼には梅屋庄吉と孫文ゆかりのものが展示されているらしい!と知りました。中国近現代史ヲタの森さん&狩野さんに伝えると二人とも知らなかったので、三人でいそいそと日比谷松本楼に行ってきました。なんでも番組によると、梅屋庄吉が孫文をバックアップしていたことは、遺言で口外禁止だったそうです。開催中の上海万博の日本館で、日中両国による「孫文と梅屋庄吉展」が開かれることになり、晴れて大々的に公にしたらしいです。
日比谷松本楼のロビーにどーんと飾られていたのは孫文夫人の宋慶齢のピアノです。関連の写真なども飾られていました。また、梅屋庄吉と孫文のチラシなども置かれていて、こんなところに中国近現代史スポットがあったのか!とビックリでした。

100815_1931551.jpg

宋慶齢のピアノを別角度から

100820_1245111.jpg

梅屋庄吉と孫文のチラシ

さらに詳しくは日比谷松本楼の下記URLをどうぞ
http://www.matsumotoro.co.jp/umeya.html
posted by 水歌ななこ at 07:59| Comment(2) | TrackBack(0) | 都内・近郊散歩 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ご無沙汰しております。
残暑厳しいですね、お体ご自愛くださいませ。

近々この、梅屋庄吉と孫文の話が舞台になるそうですよ。
Posted by チンホイ at 2010年08月23日 12:05
チンホイ様
投稿と情報をありがとうございます。
えっーーー!!!そんな舞台が!!!
ぐぐったら、ヒットしました。この公演ですよね?↓
http://www.tokyo-gingado.com/details/sonbun.html
見に行きたいです。わくわく。
Posted by 水歌ななこ at 2010年08月23日 12:29
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/160297009
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。