累計:  本日:  昨日:    アクセスアップ

2006年10月18日

"台湾菜館"の中壇元帥

060916_taiwansai1.gif
台湾菜館入口の看板

これまた過去の話題ですが、
9月某日に関内の"台湾菜館"へ行きました。
京劇でご活躍されているチャンさんから
このお店では中壇元帥をお祀りをされていると
教えていただいたからです。
関羽をお祀りしているお店は沢山ありますが、
中壇元帥をお祀りしているお店は珍しかったので
一度は是非うかがおう!と思ったのです。

中途半端な時間に行ったので
あまりお腹が空いてなくて、
注文は『台湾風鍋焼麺』と『A菜炒め』だけでしたが、
まるでクラムチャウダースープの様ないいお味の
ミルク風味の台湾風鍋焼麺はとても美味しくて、
私も舌の肥えた友人達にも大好評でした!

そして、肝心の中壇元帥の件ですが、
ウェーターさん(男性)に
「こちらのお店の三太子爺がとてもご利益があると聞き
うかがいました。」と事情をお話ししたところ、
写真を撮る許可と、なんと撮影の為に脚立まで出して下さって、
大変親切にして下さいました。
中壇元帥の像は小さな像ですが、大切にお祀りされています。
(※個人がお祀りしている神様の写真なのでブログには写真は載せません)
さらに、杏仁豆腐をサービスでいただいてしまい
全員でご馳走になってしまいました。

ウェーターさんいわく、
"台湾菜館"のお母様(残念ながらご不在でした)と、
厨房で料理をされていた男性(息子さん?)が
中壇元帥をお祀りされているとのことでした。
厨房で料理をされていた方とは、お料理中なので
あまりお話は出来ず、ウェーターさんと
後からいらっしゃった女性(お母様の娘さん?)と
主にお話ししました。

自著の『那咤鈎沈』を持参しておりましたので、
お母様にということで、ウェーターさんに
お預け致しました。

別れ際に「誰から紹介されたのですか?」と
ウェーターさんに聞かれたので、
チャンさんのお名前もお伝えしたところ、
ウェーターさんも、女性も、厨房で料理をされていた男性も
「知ってる知ってる!」と大変喜んで下さいました。

中壇元帥がご縁でよいお店と
よい方々に出会うことが出来、感謝しておりますm(_ _)m。
皆さんも関内に行く機会がありましたら是非どうぞ。

060916_taiwansai2.gif
自慢のメニュー『台湾風鍋焼麺』
ピリッとした辛さがあるコクのあるミルクのスープ。
もっちりした麺、ぷりっぷりの海老、チンゲン菜が入った一品。

060916_taiwansai3.gif
A菜炒め

台湾菜館
住所:神奈川県横浜市中区福富町東通5−2−1F(JR関内駅徒歩5分)
営業:11:00〜15:00/17:00〜翌3:00(月定休)
TEL:045-253-0048
※ホットペッパーの台湾菜館のページ
http://www.hotpepper.jp/s/H000034499/top.html
posted by 水歌ななこ at 11:09| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 那咤 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/26068669
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。