累計:  本日:  昨日:    アクセスアップ

2006年12月19日

冬コミ新刊『NezhaWalker』紹介

NezhaWalker_H1H4_400.jpg

<タイトル>
『NezhaWalker』

<概要>
私は何処か旅にでかけると、
旅行記にまとめるようにしています。
しかし、まとめるタイミングを逃してしまったり、
仕事関係など渡航で時間をやりくりして寄った史跡など、
そんなトピックスがだいぶ溜まってしまいました。
このまま時に流されてしまうのはもったいない、
そんな私的珠玉の那咤トピックスを一冊にまとめました。

<目次>
………………………………………………………………
○那咤の史跡
[台湾・台北]龍山寺
[台湾・台北]三源太子宮
[台湾・台北]慈信宮
[中国・上海]上海美術映画制作所
[中国・杭州]六和塔
[中国・北京/杭州]その他お薦めスポット
[中国・北京]高粱橋
[中国・北京]元大都城遺跡
[中国・北京]陶然亭公園

○『上海Walker』 京劇特集 Interview全掲載
水歌ななこ(京劇ファン)
李光(中国京劇院・国家一級俳優)
呂瑞明 (中国京劇院・元院長)
http://www.shwalker.com/shanghai/contents/special/200504/index06.html
誌面では大幅カットされてしまった
インタビューの全文を初公開!
………………………………………………………………
(総42ページ/A5)

※サークルカットで予告してしまった
王朝街道ツアー本ではありません。すみません変更しました。
那咤づくし&京劇づくしな新刊です!
(なので、がんばりがきいて出たのだと思いマス。笑)
よろしくお願いします!
posted by 水歌ななこ at 00:52| 東京 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | 那咤 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お疲れさまでした。
新刊を楽しみにしております。

例年のことながら、コミケが来ないと年越しができない!おせちを用意しておきますので、晦日まで、存分にお楽しみください。

Posted by 松濤 at 2006年12月20日 22:49
例年のことながら
せわしなくて恐縮です。
でも今年は新刊より
その後の三国志が大変でした。
(いや、過去形ではなく、続行中ですが)
Posted by 水歌ななこ at 2006年12月28日 14:59
こんにちは!私は自称校内第一の中壇元帥ファンの中学生です。それにしても,中壇元帥のことをみんな知らないみたいで,「三蔵法師?」とか,校内のみんなテレビしか見ていないようでさみしいです。
変な質問ですが,西遊記の伝説では,掌に字が浮いているだけという説がありますが,私は傷だとばかり思っていました。傷の説の場合,生傷でしょうか,それとも傷跡なのでしょうか。やっぱりタンキーみたいに怖い話ですね。いや,やはり元帥のほうが何万倍も怖いですが。
あと,毯球とは何ですか。「シュウキュウ」と読んで,漢字はこうだったと思うのですが。
Posted by Cherally at 2007年01月05日 18:18
Cherally様
はじめまして。
ご投稿ありがとうございます。

>掌に字が浮いている
私が想像していたのは痣でした。
浮いてるってなんでしょうね。
「神話だしなー」と、
あまり真剣に考えたことはありませんでした。

>毯球
漢字は「綉毯」です。
マリみたいな法具のようなものじゃないでしょうか?たぶん。
Posted by 水歌ななこ at 2007年01月07日 21:08
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/29893006
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。