累計:  本日:  昨日:    アクセスアップ

2011年03月03日

NHK-hi特集「二人の旅路 - 日中 激動を生きた京劇夫婦 -」を見た

(ツイッターのつぶやきを改訂しつつまとめてみた)
NHK-hi特集「二人の旅路〜日中 激動を生きた京劇夫婦〜」を見た。夫は国家一級俳優、妻は残留孤児で京劇女優。こんな夫婦が日本にいるとは知らなかった。タイトルからして香港映画の『覇王別姫』の様な京劇俳優に対する文革時の迫害が繰り広げられてしまうのかと予測したが、違ったのが重かった。
二人が逃げる様に日本に来たのは、戦争でも文革でもなく、日中国交回復後のほんの20年前。やっと消息がわかった実父との文通を通じ、劇団で日本人だとバレてしまい、中国の地方都市ゆえか、噂が広がってその地にいることが出来なくなったという衝撃の事実。夫は名誉も地位も愛する舞台すらも捨て、愛する妻にただ寄り添い、共に日本へ来た。
それにしても、居を構えたのが何故福岡だったのか。亡き実夫の実家があったのか?もしも東京なら、京劇ファンが集う票房という倶楽部が60年前からある。京劇がらみの仕事があるかもしれない。京劇から一切離れた生活にならなかったかもしれない等、二人は望まないかもしれないが、考えてしまった。
かつて所属していた京劇団に招かれ、思い出の地で20年ぶりの舞台に立つ夫。演目は覇王別姫。番組当初、団地から姿を現した人物と同一とは思えないほど、生き生きと輝いていた。共に舞台に立つことは望まなかった妻。共演はせず、虞姫は劇団の女優が演じていた。夫の最後の舞台が終わった後、誰もいない劇場で夫婦は二人だけの覇王別姫を演じた。妻の所作も20年の時を経たとは思えないほど美しかった。
20年ぶりの公演は、かつての劇団の思い出の舞台が取り壊されることになった為、劇団員達が記念公演を企画し、夫婦を招いた。二人が劇団を去った後、覇王別姫は一度も上演されていないという。たった20年で深い心の傷をチャラには出来ないだろうが、一つの公演をつくり上げてゆく過程で、きっと心のわだかまりは癒されたに違いない。
激動の時代に出会い、運命に負けず互いに支え合い、寄り添う老夫婦の後姿が私の胸にも刻まれた。 いい番組だった。
posted by 水歌ななこ at 19:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 京劇 | 更新情報をチェックする

2010年09月13日

9/22(水)梅葆玖・市川團十郎による「日中伝統文化交流講演会」

最近知った日中のビッグネームによるイベントをご紹介。平日ですがご都合の良い方は是非!

早稲田大学と桜美林大学の共同主催にて「日中伝統文化交流講演会」が開催されます。
「梅 葆玖(京劇)と市川團十郎(歌舞伎)の講演・対談」
日時:2010年9月22日(水) 14:30〜
場所:早稲田大学 14号館201室
定員:700名(要事前申込・先着順)※無料

講演の詳細チラシとプログラム
http://www.waseda.jp/wci/kakyoutaidan.pdf
http://www.waseda.jp/wci/nittyutaidanprogram.pdf

申込は桜美林大学孔子学院までメール(kongzi@obirin.ac.jp)か、お電話(042-704-7020)にてお申込み下さい。
posted by 水歌ななこ at 05:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 京劇 | 更新情報をチェックする

2010年06月21日

袁英明老師戯曲博士学位取得慶祝堂会

昨日、東京票房の主催による
袁先生の文学博士学位取得の祝賀会が開催されました。
先生が博士号を取得されたのは昨年のことですが、
中国の京劇界初の博士号の取得で、
中国メディアでも大きく報じられました。
(報道一例↓)
http://www.chinaqw.com/lxs/xzfc/200805/30/118754.shtml

会場は浜松町の新亜飯店。
かつて、東京票房が活動していた場所です。
http://www003.upp.so-net.ne.jp/huiyan/index.html
日本の京劇界の俳優・楽師・票友の諸先生方をはじめ、
袁先生の人脈の広さをうかがわせる40名ほどの人達で
新亜飯店の別館のフロアは埋め尽くされました。

第一部は15時〜19時までで、京劇祝賀歌唱会。
会場に入ってビックリ、朱色の用紙に堂会の式典看板が飾りつけられ、
奇麗なプログラムの配布と、
全ての曲に合わせて歌唱者と演目、歌詞がスクリーンに投影されます。
先生へのお祝いの気持ちで、
覇王別姫の歌を三人での合唱で清唱する名乗りを上げてしまっていたのですが、
ううう、超後悔。逃げたかったです…(涙)
袁門下の星のLapoさんに頼りながら、
なんとか役目を終えました。
(ニゲナカッタ自分ヲ褒メテアゲタイ…)
生伴奏による大音響の心地いい京劇のメロディーの海に浸り、
日本の京劇界の俳優・票友の諸先生方の唱、
そして、久々に生で聴く袁先生の唱は素晴らしく、
京劇の世界にどっぷり浸かってきました。
楽しかったーーーー!!!

第二部は19時〜21時まで、新亜飯店にて祝宴。
新亜飯店のオーナーの奥様が宴席に同席されていたからか、
どれもこれも、すっごい美味しかったです。
殻までやわらかな蟹の炒め物、超絶品でした!初めて食べました!
もちろんピカ一は小龍包でしたが。
(思わず、携帯から実況更新してしまいましたよ(笑)※下の記事)

ということで、興奮して眠れず、まだ起きてます(笑)
久々のどっぷり京劇デーでした。楽しかった!!!
東京票房の皆様、素敵な会をありがとうございました!
そして、袁先生、おめでとうございます!

100621_17531511.jpg

袁先生から堂会参加者全員に
プレミアムなDVDのおみやげをいただきました。
2009年11月5日に北京の長安大戯院にて上演された
梅蘭芳生誕115周年記念公演の「西施」です。
中国に行っても売っていませんヨ!
posted by 水歌ななこ at 03:06| 東京 🌁| Comment(6) | TrackBack(0) | 京劇 | 更新情報をチェックする

2007年09月30日

山西省京劇院訪日公演￿観劇

IMAGEの後、午後は山西省京劇院訪日公演を観劇しました。
正直言えば「また猿か…」と思いながらも、今度はめげずにチケットをとりました。

演目は「鉄弓縁」「痴夢」「火雲洞」。
「鉄弓縁」は初めてみる演目でした。主演の孟霞さんが
靠旗で槍を投げ返す技が凄かったです。ビックリしました。
「痴夢」は御馴染の演目ですが、主演の賈艶麗さんの甘い声がとても心地よかったです。
「火雲洞」は西遊記の演目。主演の石新発さんの演技がとても安定していて
とても安心して見ていられる孫悟空でした。
「なんだか、サラリとやってるけれど、今のは凄い難度の高い立ち回りだったんじゃぁ…」という感じ。
紅孩児が敵方のボスの「火雲洞」の演目は初めてだったので、少年役の立ち回りがじっくりみれて
那咤の立ち回りの参考にもなりました(笑)。

しかし、何だか全体的に盛り上がりにかけました。
「いつもの来日公演と比較して、大技をこんなにやってるのに何故…???」と自問自答。
そして一つの日本語が脳裏によぎりました。
……「華が無い」。
ああ、失礼だけど、これだわ…。自問自答の答えでした。

なんだか李光先生の舞台のビデオが無性に見たくなりながら、帰路に着きました。
posted by 水歌ななこ at 23:22| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 京劇 | 更新情報をチェックする

2007年08月09日

マクドナルド京劇写真の謎がとけました

マクドナルドのオンライン・グローバル・キャスティングの入賞者でした。
http://www.mcdglobalcasting.com
1年前に募集し、今年から入賞者25名が登場する
マクドナルドのパッケージ(カップや袋)がつくられているそうです。
その中の一人に京劇の女優さんがいたんですね。
それにしても、こんな風に全世界に自分を売り込む手があるとは!
世界中の消費者から1万件近い応募があったそうです。
posted by 水歌ななこ at 00:01| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 京劇 | 更新情報をチェックする

2007年08月08日

マクドナルドの紙袋に京劇写真発見

昨日、お昼を食べようとしたら、
ハンバーガーが入っていた紙袋に
なんと京劇の楊貴妃の写真が!
上海の若手の女優さんらしいです。
びっくりしました。
この夏、マックに行ったら、
京劇ファンは要チェックです!
posted by 水歌ななこ at 09:29| 東京 ☁| Comment(3) | TrackBack(0) | 京劇 | 更新情報をチェックする

2007年07月16日

袁先生おかえりなさいの会

袁英明先生が今年の夏も
桜美林等の夏期授業の講師として
日本に一時帰国!
いつもより急な早い帰国だったので、
大慌てで元受講生仲間と連絡をとり、
先生を囲む会を行いました。
連絡まわして4日後の緊急招集にもかかわらず、
こんなにメンバーが揃いました!
袁チーム、流石です!

070716_en1.gif
ヴィーナスフォートにて
時間無制限食べ放題の店で
昼から夕方までまったりとおしゃべりをして過しました。
食後はヴィーナスフォートのバーゲン。
お好きなブランドのお店があって、
先生は大喜びでした。

070716_en2.gif
大江戸温泉にて

夜は大江戸温泉へ。
先生は大江戸温泉の江戸情緒あふれる館内の雰囲気に始終大興奮。
足湯は初めてだそうで、かなり長時間足湯にいました。
ドクターフィッシュにもチャレンジしました。
ここでも大喜びの袁先生。
帰りは終電でした(笑)
posted by 水歌ななこ at 17:14| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 京劇 | 更新情報をチェックする

2006年11月20日

北京京劇院梅蘭芳京劇団「三国志」観劇

無事見に行くことが出来ました。
というより、無理矢理仕事を抜けて帰りました(激爆)。
現場は朝の5時まで仕事だったようです……
すみません、すみません……(号泣)

場所は新宿文化センター大ホール。
示し合わせて一緒にチケットをとったわけでは無いのに、
一番前の席でお隣3名、袁先生京劇仲間でした(笑)。
もうみんな、いつチケットとったんですか(笑)。
私も発売初日ですが、みな気合いはいりまくりですよ(笑)。
「あのカメラ、中央電視台だから」とLさん。
いや、Lさん、関係者ですか(笑)。
みなさん相変わらず情報通で、熱くて、素敵です。

以前の来日公演で拝見した葉金援さん演じる関羽が
私の中での「ベストワン関羽役」で、
それ以来すっかりファンになりました。
葉金援さんは今宵は趙雲役。
ご高齢にもかかわらず、少年の様なキラキラとした瞳と
若々しい立ち回りに酔いしれました。
やはり素晴らしかったです!!!

並びに座っていたお友達のGさんは
なみなみならぬ葉金援さんのファン。
葉金援さんもGさんがそこに座っているのがわかっていたようで、
カーテンコールの時に手を振り合って
熱く盛り上がっておりました。素敵!
あと、ロンタオの一の某俳優さんとは
登場された時から目があってしまったようで
「ああ、某さん、笑ってしまっている…」状態。
これは名誉の為にお名前は伏せておきましょう(笑)

呂布の俳優さん、李鴻図さんでしたっけ?
立ち回りは気合い入りまくってて凄かったです。
そして対照的な好色っぷり。
お友達のLさんはメロメロに惚れていましたが
私はなんだかこっぱずかしくなってしまいました。

劉備、関羽、張飛も気合い十分でよかったです。
戦う劉備、ってのも珍しいですよね。

と、あまり内容のない感想ですが、
勢いのままに書いてみました。
楽しかったで〜す(^^)

http://www.china-art.co.jp/contents/news.htm#K3
posted by 水歌ななこ at 14:21| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 京劇 | 更新情報をチェックする

2006年11月05日

袁英明先生の梅葆玖先生への拝師式

北京にて袁英明先生の梅葆玖先生への拝師式が行われました。
おめでとうございます!!!
残念ながら北京にかけつけることが出来ませんでしたが、
素晴らしい拝師披露宴だったそうです。
袁先生門下一同で、両先生にお花を贈りました。
着々と確実に前に進まれている先生のお姿を思い、とても誇りに思います。

お祝いの画像を制作しました。
061105_haishisiki.gif
posted by 水歌ななこ at 13:53| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 京劇 | 更新情報をチェックする

2006年09月13日

桜美林大学の袁先生の授業を見学

060821_oubirin01.gif
授業後にカメラを向けると残っていた生徒さんが
ノリノリでポーズを決めてくれました。
中央が袁先生

8/21、桜美林大学の夏期集中特別講座で教鞭をとられている袁英明先生の授業の見学にうかがいました。
もうお会い出来ないまま帰国の日を迎えるかとと思いきや、間に合ってよかったです。
桜美林大学は日本で初めて京劇の実技の授業が行われています。袁先生と殷秋瑞先生の二人の先生の授業です。袁先生が帰国されても集中講座という形で授業は残りました。講座はもう7年位続いていると思いますが、私は初めて桜美林にうかがいました。
本日は8月上旬から行われていた授業の最後の日で、実技テストの日でした。
9時前にスタジオに入ると熱心な生徒さん2名が自主練中。槍と剣の立ち回りと、「秋江」の演目のショートバージョンです(約10分)。台詞は日本語訳をしたものでした。一段落したところで話しかけると、なんと振り写し3日で動きは叩きこんだそうです。「若いってすごい!!!」と舌を巻きました。(私は剣舞を覚えるのに何年かかったことやら……)それと共に、先生が日本で築き上げ、育まれた成果を目の当たりにし、大感動です。
9時半には先生や生徒さん15名位が揃いました。教師独壇の一方通行な授業ではなく、生徒さん達との和を感じるとてもいい雰囲気です。実技の伴奏は無く、全て先生の口三味線。秋江は全て先生の生歌でした。
受講生の殆どは女子学生で男子学生は3名。男子学生がローテーションで秋江の船頭を演じます。毎回アドリブを効かせてくる生徒さんもいて、何度見ても笑ってしまいました。流石未来の役者達です!
授業の後は、先生の桜美林の寮からの撤収のお片付けを手伝ったり、お食事をしたりしました。
先生は相変わらずチャーミングで素敵で、やはり何事にも懸命です。1日お目にかかっただけですが、「私も先生の様に頑張ろう…」と、沢山沢山元気と幸せをいただきました。ご一緒出来て嬉しかったです。

060821_oubirin04.gif
桜美林大学の備品、京劇の剣の山。
大舞台が出来そう…。

桜美林大学HP
http://www.obirin.ac.jp/
posted by 水歌ななこ at 17:49| 東京 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 京劇 | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。