累計:  本日:  昨日:    アクセスアップ

2010年09月13日

国立科学博物館「大哺乳類展」に行く

100911_1512461.jpg

9/11、国立科学博物館で開催されている「大哺乳類展−海のなかまたち」に行きました。
http://www.kahaku.go.jp/exhibitions/ueno/special/2010/mammal/umi/
このチケット、実はBS日テレで放映されている大好きな番組「ぶらぶら美術博物館」のプレゼントで偶然当たりました。ずっとシリーズで続いて欲しい番組なので、プレゼントは二の次でマメに感想を送っていたんですよね。逆にご褒美をいただけるとは、う、嬉しい!
http://www.bs4.jp/guide/entame/burabura_art/
我が家は基本的に私が何か行きたいものを見つけると、まずは夫に意向を伝えて、断られたら誰かを誘うか一人で行く、なパターンなのですが、これはめずらしく夫が「行く!」と興味を示しました。夏休み中は子供達で混んでいるだろうから、9月になったら行こうね、と機会をうかがい、決行したのですが、もう見事に玉砕しました。9月に入っても大混雑。入場規制中でした。入場までに15分位並んだと思います。入場しても大混雑。展示品にはなかなか近づけません。東博の特別展にはよく行きますが、なんとなく混んでいても辛抱強く並んでいければ展示物の前をスライドしながら人が進むじゃないですが、これが科博では全然進まないんです。もうみんな!海の仲間たちと心の中で対談しているの〜?!(謎)なんとなく覗きこんでちょっぴりだけ見て、しびれを切らして前に前にと進んでいったら、あっと言う間に終わってしました。TBS 「飛び出せ!科学くん」で以前大哺乳類展の特集をしていたのですが、その時にテレビで得た知識が無かったら、何が何やらで終わっていたと思います。

100911_1514331.jpg
大迫力だった全長25mのシロナガスクジラの全身骨格。夫と思わず「戦艦か…」と言って見上げてしまいました。

100911_1524391.jpg
ガンジスカワイルカ (ガンジス川の淡水に生息している珍しいイルカだそうです)

大混雑の「大哺乳類展」の後は、残りの元気を振り絞って科博常設展を巡りました。科博が初めての夫は「常設展の方がすごいじゃないか!」な感想。みもふたもないけど、確かにそうかもしれない…と私もちょっぴり思いました。リニューアルされた地球館の展示はおしゃれですしね。夫は恐竜の全身骨格に驚き、ロケットと零戦の展示に食いついていました。
常設展は公式HPのトップからどうぞ。
http://www.kahaku.go.jp/

100911_1638121.jpg
科博の地球館を見終えると、今度はかつての本館・日本館へ。旧本館は1930年に建てられたもの。ネオルネッサンス様式が基調となっていて美しく、一気にヒートアップして撮影する私。

100911_1637371.jpg
吹き抜けのドームです。

100911_1637471.jpg
さらに真上を見上げてみました。

100911_1640221.jpg
吹き抜けのドームのステンドガラス。3Fから撮影。

100911_1641021.jpg
このクラシックな建物と「スズキフタバリュウ」のコラボがたまりませぬ!

100911_1647131.jpg
そうだ!科博といえば「櫻井鉱物コレクション」があるのでした。初めてじっくり見ました。目福〜!
http://research.kahaku.go.jp/department/geology/collection/sakurai.html

100911_1650361.jpg
夫の故郷の近く、能登の恋路海岸で採れるというピンク色の霰石を初めて見ました。ピンク色でとっても奇麗です。ほ、欲しい…。宝達山(以前にモーゼの墓に行ったところ)では蛍石が採れるんだそうです。ブルーグリーンの奇麗な石でした。ほ、欲しい…。次の里帰りの時にはつるはしを持って!…なんて、脳内妄想をしていました。ああ、無理無理。ゆかりの地の鉱物をアップで撮りたかったのですが、私の携帯では無理でした。残念。

たまーーーーーに科博に来るといつも思うこと。「いつか常設展がじっくり見たい!」だいたい特別展で体力消耗して、常設展は駆け足になってしまうんですよね。ああ、ハチ公とジロ(の剥製)に会ってくるの忘れました。残念…。まだまだ大哺乳類展は大混雑なので、行かれる方は公式HPなどで事前予習をオススメしますヨ。
posted by 水歌ななこ at 11:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 都内・近郊散歩 | 更新情報をチェックする

2010年09月10日

東大みやげ

東大のおみやげは2種類あります。1つは生協(東京大学消費生活共同組合)が出しているもので、もう1つは東京大学コミュニケーションセンターが出しているものです。生協で売っているおみやげの方が庶民価格、庶民の普段使い的雰囲気。コミュニケーションセンターで売っているおみやげは、東大の研究成果から生み出され、ものすごく洗練されたデザイン、値段も高いです。

東京大学コミュニケーションセンター 商品カタログ
http://shop.utcc.pr.u-tokyo.ac.jp/html/newpage.html?code=7
東京大学生協 通販事業部
http://www.utcoop-netshop.jp/

100911_0921481.jpg
東京大学ノート(350円)
生協で買いました。大学ノートとしては高いですが、ネタ的につい購入。東大は大学ノート発祥の地だそうで、グッズの中でも人気ナンバー1だそうです。
http://www.utcoop-netshop.jp/25_50.html

100911_0915381.jpg
東京大学ボールペン(100円)
生協で買いました。仕事上いつも赤ボールペンを消費する夫におみやげ…と思ったのですが、「こんなの使えないよ、いらない!」と、あっさりフラれました…。
http://www.utcoop-netshop.jp/26_46.html

100911_0916191.jpg
光触媒シート(2枚セット・500円)
東京大学コミュニケーションセンターで買いました。東京大学の先端研(橋本研究室)の成果を商品化。光触媒の技術を利用した脱臭シートです。高い防臭能力を持ち、効果が落ちてきても(約1ヶ月)、太陽光に5時間程度干すと、新品同様の効果が再生し、何度でも繰り返し使用できるというすぐれものらしいです。繰り返し使えるというお得感につられて購入。使うのが楽しみです。
http://shop.utcc.pr.u-tokyo.ac.jp/html/newpage.html?code=16

100911_0920331.jpg
蓮香オードパルファム(30ml・2,100円)
東京大学コミュニケーションセンターで買いました。1951年に東京大学検見川厚生農場(現東京大学検見川総合運動場)で発掘された2000年以上前のものであると推定される古代蓮の実。発芽を成功させた大賀一郎博士にちなみ「大賀蓮」と命名された蓮の香りを再現した香水です。資生堂との共同開発。爽やかでとてもやさしい上品な香り。迷うことなく購入!今回買った東大みやげの中では一番のお気に入りです。
http://shop.utcc.pr.u-tokyo.ac.jp/shopdetail/001012000001/

ということで、東大グッズの世界を堪能し、ショッピングも楽しんで帰ってきました。通販もしている様なので、興味のあるかたはリンク先を見て下さいネ。
posted by 水歌ななこ at 11:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 都内・近郊散歩 | 更新情報をチェックする

2010年09月09日

東大散策

今度通う語学学校に通っている同級生に久々に連絡をとると、学校帰りに東大に行くとのことなので、くっついて東大散策に行きました。全くご縁の無い最高学府をウロつける日が来ようとは!わくわくです。

100909_0855131.jpg
車で前をよく通るのですが赤門くぐるのは初めてです。まだ夏休み期間中とのことで、学生さんは少なかったです。

100909_0900171.jpg
噴水の中央のモニュメントが奈良あたりのお寺のてっぺんに付いてそうなデザインでカッコよかったので思わず撮影。

100909_0905371.jpg
おおっ!これがかの有名な安田講堂!すっかりおのぼりさん状態で撮影。きっと頭がよくなるパワースポットに違いない!(笑)これを待ち受けにしたら頭がよくなるカモよ!(今更?w)

100909_0916011.jpg
生協に入りました。ずらーーーーーーっと、膨大な東大グッズが並んでいました!ネタ的に数点お買い上げw。第二購買部はコンビニ風。第一購買部はパソコンや周辺機器などがズラリと並び、書籍部はちょっとした書店並の超充実した品揃えでビックリしました。さすが東大、もう構内だけで全てが揃ってしまいそうです。東大だけと、ちょっとだけ漫画も売っていたのでビックリしましたw

くたびれてきたので、ちょっとコーヒーでも、とおもったトコロ、構内にはスタバ、ドトール、ターリーズ、サブウェイなどよりどりみどり!スタバでまったりゆっくりしました。

100909_0948331.jpg
三四郎池。え〜と、ここは都内ですか?構内なんですか?とうっそうとした雰囲気。謎の写真が撮れてしまい、友人とビビリました。なんかおる!(とりあえず非公開)

100909_0952531.jpg
三四郎池対岸。なにかの雑誌の撮影をしていました。

100909_1140291.jpg
お昼は東大の職員の方からお薦めいただだいたレストランへ。医学部教育棟13Fにある「イタリアン・カポペリカーノ」というレストランです。雰囲気もとっても素敵ですし、なにしろこの眺望!そして手頃な値段!すごいよかったです。学食に比べると値段が高いので、学生さんはあまり来ないとのことでした。

100909_1158441.jpg
ランチセットを注文。この写真のパスタとサラダの他に、パンと食後のドリンクが付いてなんと840円!すばらしい!味もとっても美味でした。

東大のあとは根津周辺の散策でも…とも思っていたのですが、東大が広すぎて、おのぼりさん状態であちこちうろついていたら、もう構内だけでヘトヘトになってしまいました。そんなトコロに大学構内に都バスが走っているのを発見。上野駅行きと御茶ノ水駅行きがありました。上野駅行きに乗り東大を離脱することに。初乗りも170円で安くてびっくり!予想以上に満喫してしまった東大散策デシタ。
posted by 水歌ななこ at 10:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 都内・近郊散歩 | 更新情報をチェックする

2010年09月01日

御茶ノ水4・聖橋

100828_1211121.jpg

さてさて御茶ノ水散策の最後は、御茶ノ水駅から見えた「聖橋」。湯島聖堂とニコライ堂の2つの聖堂を結ぶ橋だから聖橋というそうです。知らなかった!いつ見てもカッコイイ橋です。

100828_1211531.jpg
posted by 水歌ななこ at 20:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 都内・近郊散歩 | 更新情報をチェックする

2010年08月31日

御茶ノ水3・湯島聖堂

ニコライ堂見学の後は、もう一足延ばして神田川の対岸の湯島聖堂にも立ち寄りました。徳川幕府の儒臣林羅山が上野忍ヶ岡に孔子廟を建てたことに始まり、5代将軍綱吉がこの地に移しました。学芸員資格を持つ者としては、湯島聖堂は日本の博物館誕生の地でもありますから、お参りしておかないとね。

湯島聖堂のホームページ
http://www.seido.or.jp/

100828_1634581.jpg
仰高門/一般見学者の入口です

100828_1631041.jpg
孔子銅像/仰高門の少し先に立っている孔子様。孔子の銅像としては世界最大と書いてあったけれど本当なのかなぁ。もう中国のどこかで記録は抜かれていそう…

100828_1615171.jpg
杏壇門/大成殿の入口の門

100828_1616141.jpg
大成殿/孔子廟の正殿。かつて湯島聖堂博覧会の時に名古屋城の金のシャチホコが飾られたのはこのあたりかなぁ…と思いながらブラブラ。
湯島聖堂博覧会について詳しくは下記をどうぞ
http://www.tnm.go.jp/jp/history/01.html

100828_16273411.jpg
大成殿内部/孔子様が本尊です。内部見学は要200円。過日、足利学校にもあった宥座の器がここにもあったので、一人で遊んでしまいました。

マチャアキ&慎吾ちゃんの西遊記のロケでも使われたらしいけれど、ドラマでは気がつかなかったなぁ…。それだけに境内の雰囲気はすっかり中国でした。
posted by 水歌ななこ at 20:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 都内・近郊散歩 | 更新情報をチェックする

2010年08月30日

御茶ノ水2・ニコライ堂

幽霊坂を上がるとドーンと聳えていたニコライ堂。一度は立ち寄ってみたかったジョサイア・コンドルの名建築の一つです。信仰の場所なので、信者では無い者が拝観出来る時間は限られていて、火曜日〜土曜日の午後1時から4時(季節変動有)まで。ちょうど4時前だったので拝観に立ち寄りました。夏休みだからか、5時半まで拝観時間が延長されていました。また、内部の撮影は禁止で、拝観献金が300円必要です。石造の重文としてはもっとも古く、日本最大のビザンチン様式建築物だそうです。日本にこんな素敵な建築があるとは!と暫しウットリ。素晴らしいところでした。感動にまかせて外観撮りまくり!以下、ズラズラと羅列しておきます。


100828_1550021.jpg

100828_1550121.jpg

100828_1603161.jpg

100828_1605331.jpg

100828_1607041.jpg

100828_1607161.jpg

100828_1607421.jpg

ニコライ堂について詳しくは下記URLをどうぞ
http://www.geocities.jp/ynicojp2/
posted by 水歌ななこ at 19:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 都内・近郊散歩 | 更新情報をチェックする

2010年08月29日

御茶ノ水1・迷った時に出会うもの

100828_1548271.jpg

龍水楼の帰り、神田局を探して用を足してからウロウロ。道に迷った時に墓地とか、縁起の悪い地名に当たると微妙にマズ〜イ予感がしません?で、案の定「幽霊坂」。真夏にぴったり!(苦笑)
posted by 水歌ななこ at 19:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 都内・近郊散歩 | 更新情報をチェックする

2010年08月23日

日比谷松本楼の宋慶齢のピアノ

100815_1931401.jpg

過日、NHK-hiで「孫文を支えた日本人〜辛亥革命と梅屋庄吉〜」という特集をやっていました。その番組を通じて、梅屋庄吉は日比谷松本楼の常務取締役・小坂文乃の曾祖父にあたり、日比谷松本楼には梅屋庄吉と孫文ゆかりのものが展示されているらしい!と知りました。中国近現代史ヲタの森さん&狩野さんに伝えると二人とも知らなかったので、三人でいそいそと日比谷松本楼に行ってきました。なんでも番組によると、梅屋庄吉が孫文をバックアップしていたことは、遺言で口外禁止だったそうです。開催中の上海万博の日本館で、日中両国による「孫文と梅屋庄吉展」が開かれることになり、晴れて大々的に公にしたらしいです。
日比谷松本楼のロビーにどーんと飾られていたのは孫文夫人の宋慶齢のピアノです。関連の写真なども飾られていました。また、梅屋庄吉と孫文のチラシなども置かれていて、こんなところに中国近現代史スポットがあったのか!とビックリでした。

100815_1931551.jpg

宋慶齢のピアノを別角度から

100820_1245111.jpg

梅屋庄吉と孫文のチラシ

さらに詳しくは日比谷松本楼の下記URLをどうぞ
http://www.matsumotoro.co.jp/umeya.html
posted by 水歌ななこ at 07:59| Comment(2) | TrackBack(0) | 都内・近郊散歩 | 更新情報をチェックする

2010年08月22日

東京スカイツリー見物に行く

100815_1627201.jpg

新潟から上京した狩野さんが「東京スカイツリーを見に行きたい!」とのこと。彼女曰く、スカイツリーの下には巨大ショッピングモールが出来てしまい、全てが完成するとツリーの足元は見えなくなってしまうそうです。「工事中の今がチャンスなんだよ!」というアツイ語りを聞いていたらすっかり洗脳されて見に行きたくなりました。
この日は探査機はやぶさの帰還カプセル見学のあと、ミケの会場に来てヲタの祭典を満喫というハードシュケジュール。同級生のブースにておしゃべりしている時に、この後はスカイツリーに行く旨を話したところ、帰りがけに車でスカイツリーのそばを通るので近くで落としてもらえることになりました!ビックサイトからスカイツリーに行こうすると結構乗り換えがめんどくさいし、既にバテバテだったのでありがたい申し出にどっぷり甘えることにしました!(Hさんありがとお!)

100815_1628391.jpg

ミケの帰路、友人の車で落としてもらった源森橋にて。ちょうどいい撮影ポイントでした!

100815_1641421.jpg

100815_1641351.jpg

よくニュースで報道される東京スカイツリーの真下、業平橋まで歩いて来ました。ここまで来るともうスカイツリーがデカすぎて、写真のワンフレームに入りきりません!びっくり!上下2枚にわけて撮影。

100815_1647091.jpg

見にいった8/15の高さは408mナリ。8/7から作業が止まっているのはお盆休みでしょうか?
posted by 水歌ななこ at 09:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 都内・近郊散歩 | 更新情報をチェックする

2010年08月21日

探査機はやぶさに会いに行く

去る8/15(日)の早朝、東京駅から徒歩1分の丸の内オアゾで開催されていた探査機はやぶさの帰還カプセルの特別展示を見に行きました。
http://www.jspec.jaxa.jp/hayabusa_event/
8/15(日)は丸の内オアゾの展示初日。午前7時から整理券を配布するというので、午前6時半に東京駅で友達の森さんと待ち合わせをし、丸の内オアゾにゴー!

100815_0621581.jpg

丸の内オアゾ。早朝なのでまだ人がいません。

到着すると、丸の内オアゾのビルの裏側に整理券配布待ちの列が既に延びていました。私達が到着した時点で係員に聞くと、800人位とのこと。よかった、これなら楽勝そうです。

100815_0841061.jpg

8:40からの整理券をゲットできました!

じつは森さんははやぶさに会うために始発の新幹線で新潟からやってくる友人、狩野さんの代理で早朝から並んでくれていたのです。(天使のようですよ、森っち!)始発で新潟を出ても、東京に着くのは8:12だそうなので、時間的にはちょうどいい整理券がゲットできました。森さんは近くの喫茶店で時間をつぶしてくれていて、狩野さんと合流してから、はやぶさに会いに再集合の行列に並びました。

100815_0715431.jpg

丸の内オアゾの探査機はやぶさ帰還カプセル展示会場。中の展示物は撮影禁止なので外観のみ。

はやぶさの帰還カプセルのうち、前面ヒートシールドと背面ヒートシールドが展示されるのは、8/15と8/16のみ。今後は研究のためにこの2点の展示の機会はあまりないそうです。筑波JAXAの展示も見に行ったのですが、再度心に刻んでおこうと思いました。丸の内オアゾの展示も「立ち止まらないで下さい!」展示だったので、通りすぎながらの見学でしたが、遠い宇宙を旅して奇跡の帰還を果たしたはやぶさの魂を焼き付けてきました。

100820_1249201.jpg

特別展示のプレミアムみやげ

なんと、丸の内オアゾの見学ではおみやげが配布されました!JAXAからははやぶさ最期の姿のポストカード。イオンエンジン等の開発をしたNECからはクリアファイルです。筑波の展示の時にはおみやげはなかったので、うきうきでした!

100820_1247341.jpg

丸の内JAXAiの物販にて購入したMYみやげ

はやぶさを見終わると、事業仕分けで廃止が決定している丸の内JAXAiに行きました。しかしながらこちらも長蛇の列。入場まで1時間待ちでした。結局はやぶさの展示より、丸の内JAXAiの方で時間を食ってしまった形になりました。丸の内JAXAiの中では、いつもはやっていない物販が行われていて、はやぶさ関係のクリアファイルやストラップをまとめて買ってしまいました。隣接している書店の丸善にもはやぶさコーナーが出来ていて、ついつい関連書籍をお買い上げ。また、丸の内オアゾ全体ではやぶさ関係の特別メニューを色々とおこなっていて面白かったです。

100820_1636471.jpg

丸の内オアゾはやぶさ関係の特別メニュー(さらに詳しくは下記URLをどうぞ)
http://www.marunouchi.com/oazo/feature/1008hayabusa.pdf

はやぶさのクリアファイルは夫におみやげで買ったんですが、「全く興味がありません」とフラれてしまい超さみしかったです。しくしく。

はやぶさの帰還カプセルのうち、前面ヒートシールドと背面ヒートシールド以外は、今後も各方面での展示予定があるようなので、興味のある方は是非会いに行って下さいね!

日本科学未来館での展示詳細
http://www.miraikan.jst.go.jp/event/100820095008.html



posted by 水歌ななこ at 16:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 都内・近郊散歩 | 更新情報をチェックする

2010年08月19日

久しぶりの東京キャラクターストリート

8/13、ミケの帰りに東京駅までバスで出たので、
ひさしぶりに東京キャラクターストリートに寄ってみることにしました。

東京駅の地下には、テレビ局のショップや人気キャラクターのグッズショップなどが沢山ある東京キャラクターストリートというところがあるのです。
http://www.tokyoeki-1bangai.co.jp/feature/characterSt/

まず寄ったのはNHKキャラクターショップ。
大好きなどーもくんがあふれかえっていました。

100820_1245391.jpg

坂本龍馬に扮したグッズがいっぱいあったので、
思わずメモ帳をゲット。かわいいなぁ。

100813_1611111.jpg

東京駅なので、こんなオブジェも。

100813_16105011.jpg

NHKの撮影で実際に使われていた小道具まで展示されていました。

100813_16112311.jpg

絵コンテまでも飾られていました。

ほか、ジブリグッズ屋で夏物の風鈴が40%offだったので
夫にジジの風鈴をおみやげで買いました(笑)

フジテレビのショップでは、以前私がデザインした
ゲゲゲの鬼太郎グッズが未だに少しだけ
販売元がかわって販売されていました。
転職した社長が未だに奮闘しているのでせう。

結局、ミケでより、こっちの方で色々買ってしまったというオチでした。
posted by 水歌ななこ at 13:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 都内・近郊散歩 | 更新情報をチェックする

2010年08月04日

音無親水公園

100804_13314711.jpg

音無橋

役所に向かう途中で久しぶりに音無橋の下を通りました。大人になってからマジマジ見ると、あらためてカッコイイ橋だなぁと思います。

100804_13322611.jpg

音無親水公園

子供の頃、ドブ川(失礼!臭くて汚かった)から公園に整備された時は「やりすぎでは?」と思ったけれど、十年以上経過すると、味のある公園になっていました。暑いけれど風情と木陰に癒されます。
posted by 水歌ななこ at 14:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 都内・近郊散歩 | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。