累計:  本日:  昨日:    アクセスアップ

2010年07月23日

池袋東急ハンズにミネラル売場が!

帰郷準備で池袋に出て、久しぶりに東急ハンズの店内を
上から下までじっくりと見ました。

そしたらビックリ!
パーティーグッズなどの横にけっこう大きな扱いで
パワーストーン等のミネラル売場があるじゃないですか!
アクセサリーの金具等も売っています。
本当に今、流行ってるんだな〜!とあらためて実感。

でも、パワーストンとか、パワースポットとか言うと、
イキナリうさんくさくなるので、近年の風潮、私は苦手です。

とはいえ、池袋にもミネラルスポットを見つけて嬉しい限りです。
posted by 水歌ななこ at 20:53| Comment(0) | TrackBack(0) | ミネラル | 更新情報をチェックする

2010年07月16日

アクセサリー作り

100716_16183811.jpg

今日はミネラルフェア等で買ったビーズで
ネックレスやブレスレット等を作ってみました。
白が淡水パールで、オレンジがカーネリアンです。
買ったまま眠ってるのがいっぱいあるので、徐々に増やします〜。
posted by 水歌ななこ at 17:19| Comment(0) | TrackBack(0) | ミネラル | 更新情報をチェックする

2010年07月14日

ミネラル散歩

京劇仲間の青霞さんと大塚駅前にある
プラニー商会に行ってきました。
http://www.planey.co.jp/
化石・鉱物・隕石専門店で、12月に池袋でやる
東京ミネラルショーの主催として知られています。
http://www.tokyomineralshow.com/
「なんだ、大塚にあるんだ〜!」と最近知り、
お散歩を兼ねて二人でプラプラと行ってきました。
店内写真は撮りませんでしたが、ところ狭しと化石・鉱物・隕石が並び、
買い物が出来る資料館、みたいな感じでした。

100714_1905471.jpg

私が買ったのはコパール。
植物の樹脂の化石です。
樹脂が琥珀になるには200万年〜1000万年位かかるそうですが、
コパールは琥珀になる前段階のもの。100万年位経っているそうです。
たまたま天然の穴が空いていたので、
革紐でも通せばペンダントになるじゃん!と思い購入。

琥珀といえば、国内琥珀産地の有名どころ、
久慈にいつか行きたいです!
琥珀発掘体験とか出来ちゃうんですよ!
http://www.kuji.co.jp/index.shtml

ちなみに、青霞さんはアンモナイトのペンダントトップを買われていました。
posted by 水歌ななこ at 10:11| Comment(2) | TrackBack(0) | ミネラル | 更新情報をチェックする

2010年07月13日

太公望と翡翠

『春山行夫の博物誌W 宝石2』(春山行夫著、1989年平凡社発行)という本を読んでいたところ、ジェード(翡翠)の章で思いがけず太公望の話が出て来たので自分メモを兼ねて投稿。著者がジェームス・L・クラフト『ジェードの冒険』(ニューヨーク、1937年発行)というアメリカで発行された翡翠に関する書物から引用しているエピソードです。

「中国の伝説によると、西暦前十二世紀ごろの政治家、呂尚(太公望)は天の教えをうけるため、貧しい漁夫に姿を変え、聖なる川の渭水に行った。彼は沈思しながら川に糸を垂れていると、一匹のコイがかかったので、引き上げると、その腹から高貴なジェードの板が現れた。手にとってみると、板の表面に神託が彫られていて、次の王朝は周と呼ばれ、中国の黄金時代となるから、彼はその王朝の実現に力をつくさねばならないと、記されていた。この神託は実現して、政治上の指導者だった呂尚は大臣になった。この王朝は呂尚のジェードの文字板に祝福されて、ほとんど九百年ものあいだ平和につづいた(ジェームス・L・クラフト)」(『春山行夫の博物誌W 宝石2』(春山行夫著、1989年平凡社発行) 93頁より引用)

ジェームス・L・クラフトという人、クラフトフーヅ株式会社の創業者で、翡翠探しが趣味。老齢になってから、前掲書を出版したそうです。
http://ja.wikipedia.org/wiki/クラフトフーヅ

「太公望 翡翠」でググってみると、宝石業界のサイトがちらほらとひっかかりました。例えばこんな感じ(↓)
http://www.cgl.co.jp/knowledge/episode/13.html

太公望と翡翠のエピソードなんて、聞いたことないですよね?魚釣れちゃってるし…。「魚ぢゃなくて天下を釣るんぢゃないんですか!」とつっこみたくなります。1930年頃のアメリカ人の宝石バイヤーが、翡翠の買い付けで中国に行った時に、中国の翡翠商人から聞いた翡翠の神秘性を高めるための話なのではないかと、勝手に推測してみました。アメリカ人にべらぼうな額の翡翠を売りつける際に、「これは太公望が釣った伝説の翡翠だ!」等、中国人が勝手につくっちゃったんぢゃないかと。或は、太公望に関して、そんな伝承があったとすると、これもまた面白いですね。

『春山行夫の博物誌W 宝石2』は図書館で見つけ、宝石好きなので読み始めた本なんですが、こと翡翠の章に関しては、中華好きと宝石好きの両方の興味が満たされて面白かったです。アメリカの古美術商が1917年に中国に渡って中国人の信頼を得ながら翡翠買い付けの経験値を積み、最後には乾隆帝のコレクションの一部をごっそり買い付けてくる話、幻の青い翡翠の話など、ドラマティックで面白かったです。翡翠の章だけなら、あっと言う間に読めるので、興味のある方は図書館で立ち読みなどで是非どうぞ。

※幻の青い翡翠の話は紹介して下さってる頁を見つけました(↓)
ttp://www.ne.jp/asahi/lapis/fluorite/column/hisui3fr.html
個人頁なので直リンクはやめておきます。読みたい方はhを足してコピペして下さいね。
posted by 水歌ななこ at 00:05| Comment(2) | TrackBack(0) | ミネラル | 更新情報をチェックする

2010年07月10日

ミネラル・ザ・ワールドに行く

東京でのミネラルショーといえば、6月のミネラルフェア(新宿ショー)と、10月のIMAGEと、12月のミネラルショー(池袋ショー)だけしか知りませんでしたが、浜松町で「ミネラル・ザ・ワールド」というミネラルショーが開催されると知り、行ってきました。
http://www3.plala.or.jp/mineral-world/

100709_14450711.jpg
会場の入口でパチリ
(ほとんど会場の様子を伝えていませんが)

前述3つのイベントは有料イベントですが、ミネラル・ザ・ワールドは入場無料。規模も小さそうなので、「どうかな?」と思いましたが、なかなかどうして、70店舗位もの出店で、見応え十分でした。空いていて見やすいし(平日行ったからだとは思いますが)、いつものミネラルショーと比較して価格も安い気がしました(気のせい?)。なので、穴場感たっぷりなイベントでした。数少ない入場無料のミネラル系イベントなので、興味のある方は是非どうぞ。日曜までやってマスヨ。

100709_1628271.jpg
本日の戦利品

右からスピネルのビーズ(1500円)。甲府の宝石屋さんで購入。
http://www.rakuten.co.jp/kofuhosekiya/
つい先日、馴染みの宝石店のセールでスピネルとタヒチパールのネックレス(6千円位)を買うのをがまんしたので、「なんだ、自分で作ってしまえばいいんだ!」と即購入。でももう少し安く買えたかなぁ、価格比較検討してからにすればよかったかも。

左下、ウランガラスのルース(1000円)。ビルマミッションさんで購入。
http://www.b-mission.jp/
お店の人が馴染みのお客さんとおしゃべりしてて、約100年前、80年代のアメリカ製のアンティークウランガラスを研磨して20点だけ作った今回の特価品とのことです。私、ウランガラスはもともと大好きなのでつい購入。確かに他店だとこの大きさのルースは5000円位してました。お店のHPでも4000円位で売っていたのでビックリ。本当に目玉品だったんですね。しかも、オマケで先着20名プレゼントというビルマ産の硬玉のリングをいただきました。指太くて入らないんですが(爆)そのうちペンダントにでもします(笑)

左中央、オイル入りのハーキマーダイヤモンド(500円)。ジェム・エイコーさんで購入。
http://gem-eiko.shop-pro.jp/
私的に本日一番の戦利品!ハーキマーダイヤモンドといっても、ダイヤモンドではありません。水晶です。まるでダイヤモンドような結晶で産出されるので、ハーキマーダイヤモンドと呼ばれています。近年人気上昇中なのか、ハーキマー風にカットした水晶なんて、わけわからんニセモノに出会ったりするようになり、「はぁ?」な感じです。ハーキマーはいつか手頃なものが一つ欲しかったんですが、500円という破格な値段の上になんとオイル入り!オイル入り水晶も超欲しかったんですよ!オイル入りは紫外線ライトに当てると蛍光するのです。内包物が無いハーキマーの方が宝石としてのグレードは高いんですが、私はこっちのほうが大好きデス。うきうき。

100709_16184011.jpg
で、さっそく紫外線ライトをあててみました。
ウランガラス(下)は奇麗な蛍光イエローに発光します。
オイル入りハーキマーダイヤモンド(上)はオイルが青白い蛍光色に発光しました。アクアマリンみたいな色です。奇麗〜!ほんとにこれはめっけものでした〜!
posted by 水歌ななこ at 00:02| Comment(0) | TrackBack(0) | ミネラル | 更新情報をチェックする

2010年06月15日

ミネラルフェアの戦利品

100615_09365111.jpg

6月頭に開催されたミネラルフェアの戦利品です。
最近覚えた手作りネックレスに味をしめ、今回の戦利品はビーズ中心。

上段左から、ラブラドライトのネックレス(400円、安っ!)。
珊瑚のビーズ(3本1000円)。
中央左から、お財布用発財祈願ルチルクオーツ(極小1粒100円×2)。
グリーンガーデンクオーツのペンダントトップ(300円)。
スポンジ珊瑚のバラ彫(2000円)。
ラピスラズリのビーズ(1本1000円×2)
↑安物だから真っ青じゃないけれど、
青と白のコントラストが地球みたいでお気に入り。
下段左から、ガーネットのネックレス(450円、安っ!)。
カーネリアンのビーズ(1本1000円)。
以上です。

今回は夫と行きました。どんどん石オタクになってます…f^_^;
トラピチェエメラルドの本物が見れた!と喜んでいました。
誰かと行くとその人が興味のある新しい鉱物が覚えられて楽しいです。

戦利品でそのうちネックレスを作ります。ワクワク。楽しみ〜!
posted by 水歌ななこ at 10:20| Comment(0) | TrackBack(0) | ミネラル | 更新情報をチェックする

2010年04月23日

翡翠原石館

品川にある翡翠原石館に行ってきました。
館長さんが30年かけて個人で収集した糸魚川の翡翠を展示している
日本で唯一の翡翠専門の私設ミュージアムです。
私も糸魚川に翡翠を拾いに行ったことがあるので、
いつかは一度行ってみたかったところです。

P1090329.JPG
まだ桜が残っているころにいきました。
ななめ横が翡翠で有名なミャンマー大使館なのは
偶然らしいです。

P1090330.JPG
巨大な翡翠原石に掘られています。
これだけでも生唾ゴックンデスヨ…。

P1090331.JPG
館の入口の横にもこんなに大きな原石が…。
ヒィィ、入る前から圧倒されマス。

P1090332.JPG
入ると中にも大きな翡翠の原石がドーンとあります。
その奥の女性は翡翠のモザイク壁画の奴奈川姫。

P1090333.JPG
館内の敷石も翡翠原石デス。

P1090334.JPG
庭石も翡翠原石デス。

P1090335.JPG
なな、なんと!
10トンクラスの翡翠原石をくりぬいて作ったお風呂デス!!!

P1090337.JPG
お風呂には実際に入れるそうです。
翡翠が冷たいので、75度のお湯を
時間をかけて掛け流ししないと暖まらないそうです。
一度暖まったら冷めないそうですが。

P1090339.JPG
2F
原石や美術品の翡翠が展示されています。
コレクターとの情報交換の場にもなっているそうです。
スリランカの紅茶をサービスでいただきました。
翡翠にかこまれてお茶できるなんて、癒されます。

館内はまさに翡翠御殿。
館長さんは会社社長だとネットに書かれていましたが、
お金持ちが翡翠にハマるとこうなってしまうのね………。
と、なんだかある意味泣けてきました。
ご家族は…とうにあきらめてるんでしょうね。
気持ちはよーーーーーく、わかります。
わかってしまう私もある意味同類……。
しかし、貧乏人でよかった。いや、よくない。うらやましい。
うらやましいですとも!!!!
と、貧乏人は心の中でつぶやいておりました(笑)

しかしながら、これだけお金をかけているのにギンギラギンにならないあたり、
館長さんのお人柄が反映されているのか、
翡翠のパワーなのか、館内はなんだかリンとした空気で
とても素敵なんですよね。

それから、撮影は出来なかったのですが、
宝石クラスの翡翠を展示している部屋があり、
これがかなりの圧巻でした。
中でも、館長さんが糸魚川の海岸で海中で拾われたという
にぎりこぶしくらいの翡翠の原石がライトに照らされていて、
奇麗なグリーンに透けていたのが圧巻でした。
こんなのが拾えてしまうんですから、
お金持ちの道楽というより、
糸魚川の神様に愛されているのだろうなぁ…と
そう思わずにはいられませんでした。

私もいつか、糸魚川にリベンジした際には
ここで浴びた翡翠と館長さんのオーラをいただいて
いつかは海岸で本物に出会いたいものです………

(※え?私の糸魚川は惨敗デシタヨ……デシタトモ……)

翡翠原石館公式ページ
http://www.hi-su-i.com/index.html
公式ページよりも詳しい(と思う)東京糸魚川会さんのレポも是非
http://tokyoitoigawakai.com/topics/hisuigenseki/hisuigenseki.html
posted by 水歌ななこ at 00:06| Comment(0) | TrackBack(0) | ミネラル | 更新情報をチェックする

2010年04月19日

ビーズアクセサリーを作ってみました

いつかやろう、やろうと思ってキットだけ買ったまま
何年も眠らせていた材料をひっぱりだして、
ビーズアクセサリーを作ってみました。
本格的に作られる方からみたら、ごく初歩的なことしかやっていませんが、
私としては大進歩。これ全部一日でつくりました。満足満足。

P1090317.JPG

ビーズはミネラルフェアで買った半貴石のフローライト(蛍石)。
ネックレスと数珠を2本づつ制作。
ネックレスは貴和で買った金具セットで作りました。
http://www.kiwaseisakujo.jp/item/4372/1303005002.html
数珠は御徒町のパーツ屋で数珠のパーツを揃え、
下記ページを見て制作しました。
http://www.rakuten.ne.jp/gold/sally/kits/juzu.html
我ながら数珠はいい出来だと超自己満足してるんですが、
夫はさほど無関心…。おそろいで作ったのにぃ。
一番左のはあまったビーズをつなげてブレスレットにしてみました。

P1090318.JPG
子供の頃、実家にあったシャンデリアのガラスビーズで制作。
母が捨てたシャンデリアをもったいないので拾い、
10年以上も押し入れで寝かしていた材料デス。
でも、派手すぎて「マリーアントワネットのネックレスか!」と、
つっこみを入れつつ、途中で投げだしてこれは未完成。
完成させても結婚式くらいでしか出番なさそうデスねぇ。
涙型のもシャンデリアですが、Aカンの金具をつけただけ。
これが一番シンプルで使いそうです。

P1090319.JPG
昔集めていたお気に入りの色のビーズをつないでみました。

P1090320.JPG
今回一番がんばったネックレス。
Tピンを曲げるのに初めてチャレンジしてみました。
ちょいと派手派手なネックレスで、
いつつけたらいいか、これまた微妙ではありますが、
ビーズは全て大事にコレクションしてきた
ウランビースです。

P1090326.JPG
ウランビースなので、紫外線を当てると発光します。
満足満足。

そもそも、なんでビースの材料がうちにあるのかというと、
きっかけは、社会人になって初めて勤めた職場の
DTP部門が浅草橋にあったからでした。
浅草橋は貴和の牙城ですからねぇ。
ついつい出来ないくせに手を出して集めました。
やっと日の目を見ましたよ〜。
ミネラルフェアで半貴石のビースを買う楽しみが増えました
早く6月にならないかな〜。
posted by 水歌ななこ at 00:10| Comment(2) | TrackBack(0) | ミネラル | 更新情報をチェックする

2009年09月17日

秋のミネラルショー

秋のミネラルショーの日程がでました。
4日間通し券の入場券なので、
私は10月3日(土)の会社帰り(17時くらい)と
4日(日)の午前中から2時くらいまでの
2回行こうと思っています。

【私信】いつもの石フリークのみなさま
    ご一緒出来そうでしたら連絡ください。
    (いいかげん、携帯買わねば…)

公式ホームページ
http://tima.co.jp/image/index.html
posted by 水歌ななこ at 01:43| Comment(0) | TrackBack(0) | ミネラル | 更新情報をチェックする

2007年09月30日

"国際ミネラルアート&ジェム展"を物色

午前中は新宿でTIMAの"国際ミネラルアート&ジェム展"を物色。
大好きな「フローライト」のビーズが安かったのでまとめ買い。
伸びるテグスに通せば腕輪くらいはつくれそうです。
いつかネックレス位はつくれるようになりたいものです。
あとは「アイオライト」という
一見サファイヤの様な色のペンダントトップを購入。
アイオライトは角度によって、深い藍色が
透明色に見える不思議な石です。
あとは石じゃないけれど、チャイナ風なデザインの
かわいい手巻時計に一目惚れしました。
昼から京劇の観劇の予定があったので短時間でしたが、
楽しい一時でした。

東京国際ミネラル協会(TIMA)公式サイト
http://www.tima.co.jp/
posted by 水歌ななこ at 18:59| Comment(0) | TrackBack(0) | ミネラル | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。